両国ゼミナール

仙台、古川で短期集中講座、歴史漫画クラブを開催します!詳しくはメールマガジンの配信登録をしてください。
 0229-25-9971
お問い合わせ

blog

2016 / 11 / 23  00:05

「3.9+5.1=9.0」は減点か?

P1080522.JPG

茂木健一郎氏が「3.9+5.1=9.0」を減点し、「3.9+5.1=9」を正解とする小学3年の学校教育を「虐待」であると表現していました。

「虐待」であるかどうかは別として、多くの方がこの採点に疑問を持ったのではないでしょうか。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、「0.25×4=1.00」は正しいのでしょうか?

有効数字の考え方に基づいても、あるいは小学校の学校教育に基づいても、この計算結果は不正解で、正しくは「0.25×4=1」になります。

有効数字の理論をまとめると
「3.9+5.1=9.0」→〇
「3.9+5.1=9」→×
「0.25×4=1.00」→×
「0.25×4=1」→〇
となります。

教師の採点に疑問を持った方々はこのことを小学生に教えろと言うのでしょうか?

等式が成り立てば減点しなくていいという論があるとすれば、約分はしなくてもいいことになってしまいます。

 

もう一つ皆さんにお聞きします。半径1cmの円の面積はいくらですか?

小学校の学校教育では1×1×3.14なので答えは3.14平方センチメートルになります。

しかし、有効数字の考え方では1×1×3=3平方センチメートルが正解となります。

ここで円周率を3としましたが、「およそ」3という表現は不要です。

円周率を「およそ3」と表現しなければならないのであれば、「およそ3.14」と表現しなければならなくなってしまいます。

「3.9+5.1=9.0」を正解とする理論では1×1×3=3平方センチメートルを正解にできるはずです。

100分の1センチメートルを計測できない小学生に円周率3.14を使わせることはマジックポイントのない戦士に魔法を教えることと一緒です。意味がありません。

正直、私は円周率を3にしたいと昔から考えています。

 

「3.9+5.1=9.0」が減点されて炎上し、円周率が3になると炎上する。

以上のことを川柳にしました。

 

算数は
桁が減っては
炎上し
(両国潔俊)

 

 

あっ、結局私の考えを言うと、そんなことをいちいち騒ぎ立てると、子供が学校の先生を尊敬しなくなり、あらゆる教育が無駄になってしまいますよ。学級崩壊の一因にもなりかねません。

2017.06.24 Saturday