両国ゼミナール

仙台、古川で短期集中講座、歴史漫画クラブを開催します!詳しくはメールマガジンの配信登録をしてください。
 0229-25-9971
お問い合わせ

blog

2016 / 12 / 23  13:39

高松凌雲

P1080951.JPG

横尾東作さんのお墓に行く途中に高松凌雲のお墓を発見。

高松凌雲さんは箱館戦争では榎本軍の医師として働きました。

榎本武揚にも病院の運営に口出しさせずに、一つの病院で敵も味方も分け隔てなく治療した日本の医学界の偉人です。

殺し合っていた敵味方を同じ病院で治療したことは、日本の内戦の歴史では他に例がないのではないでしょうか。

さらに万国法に精通していた榎本武揚が、万国法に則って治療した捕虜を敵陣に返還しました。

余談ですが、

そのことを恩義に感じた参謀黒田清隆は戦中に榎本の陣に酒と魚を送ります。

皆、毒でも入っているのではないかと疑心暗鬼になっている中、最初に酒を飲んだのが仙台藩氏星恂太郎(額兵隊隊長、仙台東照宮宮司の子)でした。

2017.06.23 Friday