両国ゼミナール

仙台、古川で短期集中講座、歴史漫画クラブを開催します!詳しくはメールマガジンの配信登録をしてください。
 0229-25-9971
お問い合わせ

blog

2017 / 04 / 01  00:38

教育勅語という危険思想

以下、憲政史研究家の倉山満氏の文を引用しました。

~以下原文~

世の論者、曰く「戦前の日本には教育勅語という危険な思想が蔓延していた。」と。
どうやら教育勅語で明治天皇が臣民にお命じになったことは危険思想らしい。
そこで、「逆・教育勅語」というのを考えてみた。

 一、親に孝養をつくしてはいけません。家庭内暴力をどんどんしましょう。


 二、兄弟・姉妹は仲良くしてはいけません。兄弟姉妹は他人の始まりです。


 三、夫婦は仲良くしてはいけません。じゃんじゃん浮気しましょう。


 四、友だちを信じて付き合ってはいけません。人を見たら泥棒と思いましょう。


 五、自分の言動を慎しんではいけません。嘘でも何でも言った者勝ちです。


 六、広く全ての人に愛の手をさしのべてはいけません。わが身が第一です。


 七、職業を身につけてはいけません。いざとなれば生活保護があります。
 

 八、知識を養い才能を伸ばしてはいけません。大事なのはゆとりです。


 九、人格の向上につとめてはいけません。何をしても「個性」と言えば許されます。


 十、社会のためになる仕事に励んではいけません。自分さえ良ければ良いのです。


十一、法律や規則を守り社会の秩序に従ってはいけません。自由気ままが一番です。


十二、勇気をもって国のため真心を尽くしてはいけません。国家は打倒するものです。
 


なんだ、戦後民主主義の行き着く先ではないか。。。
ついでにアメリカンデモクラシーとか、グローバリズムとか、儒教思想(実は韓非子)も混ざっている。たぶん上の「逆・教育勅語」は、マッカーサーとスターリンと宮沢俊義の合作に違いない。

2017.06.23 Friday