両国ゼミナール

仙台、古川で短期集中講座、歴史漫画クラブを開催します!詳しくはメールマガジンの配信登録をしてください。
 0229-25-9971
お問い合わせ

blog

2016 / 07 / 04  22:33

高校2年生、もうすぐ数Ⅲ始めます。

P1080601_s.jpg

両国ゼミナールの高校2年生は学校の授業を先取りしているので、今月で数Bが終わります。

数Ⅱは4月の初旬に終わっており、8月から数Ⅲに入ります。

実は教科書販売店に確認しましたが、古高の数Ⅲの教科書は教科書ガイドが存在しません。

どうやって予習するのか???

教科書ガイドが存在しないことを嘆いていてもしょうがありません。

塾生には古川学園進学コースで採用されている数Ⅲの教科書を購入してもらいました。

これなら教科書ガイドがあります。

だから両国ゼミナールの高校2年生は数Ⅲの教科書を二種類持っています。

数Ⅱは4か月で終わらせましたが、数Ⅲは8か月という時間をかけてじっくりやります。

3年に進級するまでには古川学園進学コースの数Ⅲの教科書を終わらせる予定です。

 

両国ゼミナールでは目標に合わせて、学習内容やスピードを個別に設定しています。

塾生が高い目標を持っていたとしても、長期計画を立てて、無理なく勉強することができます。

 

早め早めに計画を立てましょう。

2016 / 07 / 01  22:18

元素かるた大会

P1080597_小.jpg

本日は月に一度の抽選会です。

宿題をやってきた小学生には宿題の量に応じて、ご褒美をあげました。

その後、元素かるた大会をしました。

これは「えれめんトランプ」を使用したもので、私が元素の名前を言って、学生がその元素を探すかるたです。

私が「セシウム」と言うと、小学生が皆「セシウム、セシウム、セシウム、セシウム、セシウム、セシウム、あったーっ」と唱えるのです。

このとき、セシウムが何であるかを知る必要はありません。

テレビを見た時に、あるいは学校の先生の話を聞いた時に、「セシウム」という言葉に反応してくれればいいのです。

「あ、あの時のセシウムだ!」と。

言葉のシャワーを浴びせ、言葉に対する感受性を育てるのです。

これは素読の原理を応用したものです。

素読は一般的に古典を扱うことが多いですが、私は古典よりも理系分野が専門なので、理系の素読教育を研究開発しています。

今回の元素かるたは素読の原理に基づいた研究であり、実験でもあります。

必ず効果があると自信を持っています。

1
2017.06.25 Sunday